FX

なぜFXはすべきでない資産運用なのか?明確な理由

当記事の要約
  • FXがダメなのはゼロサムゲーム(厳密にはマイナスサムゲーム)だから。
  • FX必勝法はアフィリエイターになるか、キャンペーンだけ参加すること。
  • FXは経済を学ぶ合法ギャンブルとして割り切るか、場合によっては両替ツールとしてはアリ。

【知らない人向け】そもそもFXって?

FX取引のイメージ

FX取引とは、「少ない手持ち金額で、大きなお金を動かして外国の通貨を売買する取引」くらいに捉えてください。

例えば1ドル=100円の時に、証拠金として4万円をFX口座に入れれば1万ドル=100万円分のドルを購入することができてしまいます。

この時、4万円を元手に100万円相当の金額を動かすので、25倍の「レバレッジ(梃子(てこ))効果」がある、と表現します。

さて、4万円を証拠金に差し入れて、1ドル=100円の時に1万ドル(100万円分)を購入したとします。

これが1ドル=101円に動いた時に、1万ドルは101万円で売れるので、1万円の利益が出ました。元手が4万円で、1万円の利益なので利益率25%。凄いですね!

逆に、1ドル=99円に動いた時に、もともと100万円だった1万ドルの価格は99万円になってしまいましたので、1万円の損失になります。元手が4万円で、1万円の損失なので利益率マイナス25%。ヤバいですね!

このようにレバレッジをかけることにより、FX取引はハイリスク・ハイリターンになるのです。

FXがダメなのは、危険だから?

レバレッジをかけることで思わぬ損失が膨らむためFXが危険だ、という側面は確かにあります。しかし、これはFXをすべきでない本質的な理由ではありません。

儲かる見込みがあるのなら、レバレッジをかけて運用するのは全く悪いことではありません。多額の借入をする不動産投資なんかはレバレッジ運用の代表格ですが、これは儲かる見込みがあるからですね。

レバレッジの有無にかかわらずFX取引がダメな理由は、儲かる見込みが無いからです。次項で述べていきます。

FXがダメな理由は、為替取引がゼロサムゲームだから

ある通貨の上昇=もう一方の通貨の下落

ちょっと考えればわかることですが、ある通貨の価値が上がるということは、もう一方の通貨の価値は下がることを意味します。

1ドル=100円→1ドル=101円に円安ドル高になった場合、もともとドルを持っていた人はハッピー。円を持っていた人は悲しみます。

1ドル=100円→1ドル=99円に円高ドル安になった場合、もともと円を持っていた人はハッピー。ドルを持っていた人は悲しみます。

円、ドル、ユーロ、ポンド、トルコリラ…等々、たくさんの通貨があって複雑に見えますが、同じこと。

すべての通貨の価値が上がるということは理論的にあり得ないですよね。

つまり、FX取引において、誰かの利益は、必然的に誰かの損失ということです。利益と損失のトータルはゼロになるというわけです。

こういった状態を「ゼロサムゲーム」といいます。

いくら長期間だったり、大きな金額で取引したとしても、結局儲けも損もしないゲームなので、資産運用として行うのはムダなのです。

厳密には、FX取引はマイナスサムゲーム

ゼロサムゲームと上述しましたが、実際にはFX業者の取り分があるので、FX取引はマイナスサムゲームになります。

大半のFX業者では「手数料無料」と謳っていますが、きちんと取り分はあります。

FX取引では上のボードのような形で取引価格が示されます。

いま1万ドルを購入すると、1,078,644円で購入できます。

次の瞬間に1万ドルを売ったとすると、1,078,635円での売却となります。

えまっち

あれれ!?レートが全く動いていないのに、一連の取引で9円の損失が出ちゃった。

これは一目瞭然、取引者に示される購入用のレートと売却用のレートに開きがあるからです。こうした開きを「スプレッド」といい、これが実質的な手数料としてFX業者の取り分となるのです。

取引回数が多ければ多いほど、FX業者の取り分は増えていきます。

本来ゼロサムゲームで儲かる見込みも無いのに、たくさん取引を重ねるほどに業者の取り分として削られていくわけです。悲しくなりませんか?

FXは日本人に大人気:「ミセス・ワタナベ」

世界のFX取引参加者のうち、実に50%強が日本人であるという記事もあります。

世界のFX取引に占める日本の比率は40%と言われていましたが、最近の調べでは57%までさらに伸びているもようです。日本の個人投資家層の市場占有率は、尋常ではないレベルにまで達してきています。

2014.07.20 NEWSポストセブンより

投資や金融リテラシーの低い日本人がこれほどのポジションを占めている時点でお察しです。

日本人でFX取引を行う個人投資家たちを総称して、「ミセス・ワタナベ」と呼ばれることもあります。

ミセス・ワタナベとは、外国為替市場で取引をする日本の小口の投資家のことで、語源は主婦からきています。欧米の報道機関が名付けたものですが、デイトレーダーのなかでも、市場を動かすほどの影響力があるといわれています。

東海東京証券ウェブサイト「証券用語集」より

2000年前後から英紙「Economist」で言われ始めたようで、「ワタナベおばちゃん」といったニュアンスでしょうか。

えまっち

日本人トレーダーたちさぁ…小馬鹿にされてるんですかね…。

象徴的な事件として、2007年には50代の主婦がFXで4億円以上を稼いだものの1億円超を脱税したとして起訴されたこともあります。

ですが、こういう個別事例を見ても惑わされないことです。

たくさんFX参加者がいれば、誰かは大当たりして当然です。

「あの宝くじ売場から1等賞が出たから自分も!」とは普通ならないでしょう。

FXにも必勝法は存在する!

FXの必勝法=他人にやらせること

ゼロサムゲーム(厳密にはマイナスサムゲーム)のFX取引なので、儲けられる期待はしないほうがいいのですが、そんなFXの必勝法は「やらせる側」に回ることです。

ブログを書いたりしてFX業者のリンクを貼り、そこから口座開設の申し込みが入るとアフィリエイト報酬を得られます。

口座開設のみでOKとか、口座開設+入金とか、何万通貨の取引などアフィリエイトの成果条件は色々ありますが、1件当たりの報酬が数万円になることも珍しくありません。

たまにSNS上で「敏腕トレーダーのボクと一緒に30万円でFXチャレンジ!」みたいな呼びかけを見かけることがありますが、おそらくそれはアフィリエイトの条件が口座開設+30万円の入金、みたいになっているからでしょう。

こうやって何百人、何千人と集客できればウハウハ状態です。

このようなゴミ💩ビミョーなものを紹介して稼ぐアフィリエイトは手早く稼ぐのには最適ですが、そのうちFXなんて儲からないじゃないかとみんな気づいてしまうので、少なくともリアルなお友達は巻き込まないようにしたほうが賢明です。

おいしいキャンペーンだけ参加

アフィリエイターにはならずとも、お小遣い稼ぎはできます。FX業者はしばしば魅力的な入会キャンペーンを行っている場合があります。

最近ではLINE FXで、口座開設&1取引だけで5,000円を貰える、というキャンペーンがありました。

最低取引単位が1万通貨なので、1万ドルを買う場合は0.5円以上の円高ドル安に動けば負けですが、ササっと買って売れば殆ど為替の動きが無いまま取引を完了できるので、このキャンペーンは限りなく勝ちやすいものだったといえます。

もちろん取引する以上、限定的とはいえリスクは負います。

こういうキャンペーン参加の注意点としては、「最大5万円プレゼント!」のように一見凄そうなキャンペーンに見えて、実はそのキャンペーンのクリア条件が「100万ドル(=約1億円相当)以上の取引完了」のように厳しいハードルである場合が多いことです。

これでは全く割に合わないので、参加すべきではありません。

また、とある海外FX業者の場合、「口座開設と入金だけで2万円プレゼント」というキャンペーンもありますが、いざ出金しようとしたら出金できないという不満が相次いでいる、といったことも見かけますので要注意です。

FXは勉強次第で攻略できる?

「FX ゼロサムゲーム」なんかでGoogle検索すると出てくるブログ記事をいくつか見ると、だいたい同じようなことが書かれています。

「FXは確かにゼロサムゲームだ。楽に勝てるゲームではない。相当な努力や相場観が必要だ。しかし、ファンダメンタル、テクニカル分析を駆使して何とか立ち向かうのだ。一緒に頑張ろう。

というわけで、おすすめのFX業者の口座開設はこちら→」

…さて。果たして本当に努力でどうにかなるものでしょうか?

外国為替市場というのは、超超超巨大なマーケットです。輸出入、送金、投資マネー、投機筋などなど、世界中に無数の思惑がうごめいています。

為替レートは貿易収支で決まるとか、物価水準で決まるとか、金利差で決まるとか、高名な学者たちがいろんな説を唱えてきましたが、結局のところ為替の動きなど誰にも予測不能なのです。

むしろトランプ大統領のTwitterのほうがよっぽど影響力があったりします。

このような大海の中で、勉強すれば勝てると思うのは、いささか傲慢が過ぎるように感じます。

FX活用法

これまで見てきたように、FXは割の合わない資産運用です。

しかし、あえて活用するのであれば以下の2点が考えられます。

経済を学ぶ合法ギャンブルと割り切る

FXで身銭を切って取引するようになると、経済に敏感になります。

雇用統計などの統計だったり、FRBや日銀など中央銀行の方針はどうなのか、など。

経済が為替に与えるダイナミズムを肌で感じておくのも悪くはないかと思います。

両替ツールとして優秀な場合もある

FX口座で外貨を購入し、そのまま引き出す機能があるFX業者もあります。

購入するロットが大きい場合に限られますが、証券口座や銀行預金口座で普通に外貨を調達するのに比べて、幾分割安になります。

えまっち

FXでまともに資産形成しようとは思わない方が吉!
ご覧いただきありがとうございました!

まとめ
  • FXがダメなのはゼロサムゲーム(厳密にはマイナスサムゲーム)だから。
  • FX必勝法はアフィリエイターになるか、キャンペーンだけ参加すること。
  • FXは経済を学ぶ合法ギャンブルとして割り切るか、場合によっては両替ツールとしてはアリ。

ABOUT ME
えまっち
現役銀行員。金融資産3,000万円、不動産投資・太陽光発電事業など様々な投資・副業を研究・実践中。毎月数十分の高単価ポイ活で3万円の副収入を目指す爆益プロジェクト"月3PJ"LINE公式アカウント配信しています!Twitterフォロワー数20,000人超。