ポイ活

全プレ1万円or抽選10万円!LINE証券CFDキャンペーン攻略法

CFD取引部分が当初6/8期限→6/3(金)14:50期限で早期終了します!まだの方、お早めに。

「2つの条件達成で全員必ず当たる!最大10万円プレゼントキャンペーン(LINE CFD)」

全員1万円 or 抽選10万円のプレゼントという、LINE証券の魅力的なキャンペーンのやり方を解説します。

全体の取引コストはせいぜい200円~300円程度の見込みです。

期間が短いので早めに取り組みましょう。

LINE証券口座を未保有の場合、最短翌営業日で口座開設完了となります。すぐに申請しましょう。

当記事の要約

準備

  • LINE証券でCFD口座を追加開設(所要2営業日ほど)

条件①いちかぶ取引(合計10万円以上)

  • CFD口座開設を待たずに取引できます
  • 取引期間は5/24~5/31
  • 平日9:00~11:20、12:30~14:50
  • 6万円を入金
  • 5万円ちょいの買→売でクリア
  • 理論コストは210円前後

条件②株式CFD取引(合計10回 or 50回以上)

  • 取引期間は5/24~6/8 6/3(金)14:50
  • 国内株なら平日9:00~11:30 or 12:30~14:50
  • 海外株なら平日22:30~翌04:50
  • 500円を入金
  • とにかく安い株で取引する
  • 買→売を5セットでクリア
  • 買→売を25セットなら10万円当選確率が2倍
  • 理論コストは数十円

その他

  • 商品CFD 1,000円キャンペーンも併用可
  • LINE証券の未開設者なら、最大13,000円を獲得可

特典付与は6月下旬頃、LINE証券口座内に入金となります。

(教養)そもそもCFDとは?

(キャンペーン攻略できればいいよ、って方は当項目を飛ばしてください。)

せっかくキャンペーンに取り組むからには、よい機会なので投資の勉強もしましょう。

CFDとは、差金決済取引(Contract for difference)のことです。

実際に現物を売買するのではなくて、売買したときの利益や損失のみを決済します。

少額の証拠金を差し入れることにより、レバレッジ(「テコの原理」の「テコ」の意味)をかけた多額の取引が可能になります。

LINE証券の株式CFDでは5倍のレバレッジがかけられます。

任天堂が1株5万円だとすると…

CFD取引では株価の5分の1に当たる証拠金1万円だけ入金していれば、任天堂1株を購入できます。

1株5万円→6万円に値上がりした場合、利益が1万円。

逆に、1株5万円→4万円に値下がりした場合、損失が1万円(※)。

このように、少額の証拠金で大きな規模の取引をすることで、利益も損失も大きくなります。

(※実際には、含み損が増えて証拠金維持率を割り込むうちにロスカットで強制決済をさせられます。)

CFDとFXは違うの?→「CFD」の一種が「FX」

レバレッジをかけた取引というと、FX(外国為替証拠金取引)を思い浮かべる方が多いと思います。

CFD(差金決済取引)では、以下のように様々な投資対象に取引ができます。

  • 個別株(国内、海外)
  • 株価指数
  • 商品(金、原油など)
  • 外国通貨

CFD取引の中でも、特に外国通貨を対象としたものをFXと言うのです。

DMM CFDより引用)

そもそもFXは単にForeign Exchange(外国為替取引)なので、レバレッジをかける意味合いは本来含まれていません。

日本ではFX=レバレッジというイメージが広く一般化していますが、本当は誤りなんですね。

例えば多くの業者でビットコイン等にレバレッジをかける取引を「暗号資産FX」などと呼称していますが、本来であれば「暗号資産CFD」と言うのが正しいです。

  • CFDとは、レバレッジをかけて差金決済取引を行うこと
  • CFD取引の中でも、特に外国通貨の取引をFXと慣用的に呼んでいる

【準備:所要2営業日】LINE証券でCFD口座を追加開設

(LINE証券の未開設の方は、ポイントサイトと公式キャンペーンがオトクです。末筆します。)

LINE証券の既存保有者の方は、CFD口座の追加開設を申請する必要があります。

今回のキャンペーンページのリンクからCFD口座開設の申請をしましょう。

「最短1分」とありますが、これはあくまで「口座開設申請作業はすぐ終わるよ!」という意味であって、実際には口座開設完了まで2営業日ほど待たされます

キャンペーン期間が短期間なので、今すぐにでも口座開設を申請しましょう。

面倒な書類のアップロード等もありません。

【条件①】LINE証券で「いちかぶ取引」合計10万円【5/31締切】

これについてはCFD口座開設を待たずに実施できますので、早めに取引しましょう。

日本の個別株は100株単位の取引が一般的なのですが、LINE証券では1株単位で取引できる「いちかぶ取引」があります。

この「いちかぶ取引」で、売買合計10万円(買5万円→売5万円でOK)が条件です。

取引時間:平日9:00~11:20 or 12:30~14:50

いちかぶ取引の対象銘柄や取引時間によってコストが違います。

時間帯を間違うと取引コストが5倍になってしまいます!

最安コスト(0.2%)で取引するためには、以下のとおり実施します。

  1. 平日の9:00~11:20 or 12:30~14:50の時間帯に取引すること
  2. グループAの銘柄

銘柄選択ですが、価格変動リスクを極力抑えるのであれば個別株よりもETF、そしてETFの中でも投資対象が株よりは債券がよいので、

が私の見る限り最善です。

1株2,084円(5/25終値)なので、24株~25株ほど購入→即売りすれば売買代金合計10万円以上を達成できます。

ただし、購入→即売りまでせいぜい1分で済み、よほど不運でなければ短時間で大きな価格変動には遭いませんので、あまり神経質に銘柄選別をしなくてもよい気はします。

実際、私も一番有名どころの「7203 / トヨタ自動車」で取引しちゃいました。

理論コストは200円~210円前後

売買時にスプレッドが0.2%上乗せされ、これが実質的なコストとなります。

これは例えば「50,000円で取引されている株を、購入時は0.2%高く買わされ、売却時は0.2%安く売らされる」、という意味です。

50,100円で購入したものを49,900円で売らされるので、理論的に200円の損失が見込まれます。

本件の攻略時、実際には50,000円ピッタリではなく多少オーバーすると思うので、200数円~210円くらいに収まる可能性が高いでしょう。

なお、取引代金が1,000円増えると売買合計スプレッド0.4%=4円分のコスト増となります。

微々たるものなので、無理して50,000円に近づけようと必死になる必要はないかなと思います。

実際の取引・確認方法

入金額:6万円

まずは取引の種銭として、余裕をもって6万円を入金しましょう。

  • 下タブ「メニュー」>入金

3大メガバンク、ゆうちょ、楽天、住信SBI、PayPayの各銀行をお持ちの方は「クイック入金」が一番手っ取り早くて便利です。

購入:5万円ちょい

  • 下タブ中央「🔍さがす」で銘柄検索
  • 「1株から購入する」
    >5万円ちょいになるよう数量調整して購入

(注文方法の留意点)

「いちかぶ取引」の条件を満たすためには、

  • 個別株の場合は「1株から購入する」
  • ETFの場合は「LINE証券で購入する」

を選択必須です。

(「いちかぶ取引」とは、取引所を経由して別の投資家との売買ではなく、LINE証券と直接取引(「相対取引」といいます)するサービスですので。)

売却

いましがた購入した株を全て売却します。

  • 下タブ「ポートフォリオ」
    >さっき購入した銘柄を選択
    >「売る」で全て売却

確認方法

  • 下タブ右「メニュー」
    >「取引履歴」
    >売買合計10万円以上の達成を確認

備考・注意点

  • 売却まで済ませても、LINE証券から出金指示(無料)が可能になるのは翌営業日です。出金指示から翌営業日に銀行着金なので、数日間の資金拘束は必須です。
  • 入金額は6万円でなくても、1万円くらいの株を5往復の売買など、ご自身で工夫すれば少なくて済みます。
    • ただし、同一銘柄を同一日に買→売→買…とすることはできません。「A株を買→売、B株を買→売、C株を買→売」など、別銘柄に分ければ可能です(取引ルール)

【条件②】LINE証券CFD「いちかぶチャレンジ」10回 or 50回取引【6/3(金)14:50締切】

5/24(火)~6/8(水)までに、国内株CFDか海外株CFDで売買合計10回以上の実施が条件です。

CFD取引部分が当初6/8期限→6/3(金)14:50期限で早期終了します!まだの方、お早めに。

CFDでは指数や商品も取引できますが、あくまでキャンペーン対象は国内・海外の個別株なのでお間違え無く。

「合計10回」なので、買→売を5セット繰り返せばクリア。

また、合計50回(=売買25セット)クリアすれば、抽選10万円への当選確率が2倍となります。

えまっち

当選確率が非開示なので微妙なところですが、売買25セットの見込みコストはせいぜい50円前後なので運試しに挑戦する価値はあるかなと感じます。

取引時間帯:国内は日中、海外は深夜

今回のキャンペーンでは日本株、アメリカ株どちらでやっても構いません。

日本株CFDの取引時間

  • 平日9:00~11:30 or 12:30~14:50

海外株CFDの取引時間(夏時間)

  • 平日22:30~翌04:50
えまっち

今回のキャンペーンクリアに当たっては日本株でも海外株でも見込みコストに差はありません。

作業を日中やるか、夜にやるかでお好きなほうで取引すればOKです。

取引すべき銘柄:とにかく少額の株を選ぶ

当キャンペーンでは売買回数のみが条件なので、とにかく金額が低いものを選ぶのがコスト抑制につながります。

国内株の銘柄例(5/25(水)終値)

  • BASE(350円)
  • Zホールディングス(415円)
  • マネックスグループ(483円)

海外株の銘柄例(5/25(水)終値)

  • ティルレイ(4.42ドル=565円)
えまっち

列挙した銘柄はいずれも1株の買→売で見込みコスト2円です。

5セットで10円、25セットで50円くらいのコストが見込まれます。

入金額:500円で十分

LINE証券の口座から、CFD口座への振替という形で入金します。

少額ずつの取引になるので、500円もあれば十分かと思います。

見込みコスト:50円前後

買→売のコストはせいぜい2円前後と見込まれるので、

  • 合計10回(買→売 5セット)で10円くらい
  • 合計50回(買→売 25セット)で50円くらい

を想定します。

国内株CFDの取引方法(日中やる場合)

CFD口座に入金・サイト移動

  • LINE証券の「メニュー」>「FX/CFD口座に振替」から、「CFD株式口座」に資金移動します。入金額は500円もあれば足ります。
  • LINE証券の「メニュー」>CFDマークの「米国株・指数商品」をタップしてCFD取引サイトに移動できます。

日本株CFDの取引時間

  • 平日9:00~11:30 or 12:30~14:50

国内株の銘柄例(5/25(水)終値)

CFDサイト移動後、🔍マークからお目当ての銘柄を検索します。以下がオススメです。

  • BASE(350円)
  • Zホールディングス(415円)
  • マネックスグループ(483円)

取引作業

1株ずつ買→売をポチポチします。うーたろー様の動画がわかりやすいです✨

上記の動画でも実行されていますが、慣れてきたら取引時の確認画面は「次回以降表示しない」にすると作業がスムーズになります。

これで買→売の5セット or 25セットを目指しましょう。

えまっち

私は10万円の当選確率2倍を目指して、25セットやりました!

もしくは、「買買買… → 一括決済」とやる時短テクもあります(下記ツイート)。

25回の買の後、一括して決済してもきちんと25回分の決済でカウントされます。

売買回数の確認

「メニュー」>「取引成績」から、決済回数が確認できます。

決済25回であれば、必然的に新規取引も25回あったということなので、25セット=合計50回の売買が完了ということです。

取引後はLINE証券内でCFD株式口座から証券口座に振替を行い、銀行出金の指示が可能です。

海外株CFDの取引方法(夜にやる場合)

FD口座に入金・サイト移動

  • LINE証券の「メニュー」>「FX/CFD口座に振替」から、「CFD株式口座」に資金移動します。入金額は500円もあれば足ります。
  • LINE証券の「メニュー」>CFDマークの「米国株・指数商品」をタップしてCFD取引サイトに移動できます。

海外株CFDの取引時間(夏時間)

  • 平日22:30~翌04:50

海外株の銘柄例(5/25(水)終値)

  • ティルレイ(4.42ドル=565円)

取引作業

国内株CFDと違って注意点ですが、数量を10lotずつ取引する必要があります。

というのも、LINE証券の海外株CFDは原則1lot=0.1株としてAmazon株(1株2,000ドルくらい)なども買いやすくしているのですが、ティルレイのような安すぎる株は10lot=1株ずつしか買えません。

ティルレイを1lot=0.1株単位で買おうとするとエラーになります。

なので、取引単位を1lot→10lotに変更したうえで買→売をポチポチしてやります。

銘柄検索~取引作業の様子を動画化しましたのでご参考に。

上記の動画でも実行していますが、慣れてきたら取引時の確認画面は「次回以降表示しない」にすると作業がスムーズになります。

これで買→売の5セット or 25セットを目指しましょう。

えまっち

私は10万円の当選確率2倍を目指して、25セットやりました!

もしくは、「買買買… → 一括決済」とやる時短テクもあります(下記ツイート)。

25回の買の後、一括して決済してもきちんと25回分の決済でカウントされます。

売買回数の確認

「メニュー」>「取引成績」から、決済回数が確認できます。

決済25回であれば、必然的に新規取引も25回あったということなので、25セット=合計50回の売買が完了ということです。

取引後はLINE証券内でCFD株式口座から証券口座に振替を行い、銀行出金の指示が可能です。

オマケ:CFD商品取引キャンペーンで1,000円get

「いちかぶチャレンジコース(CFD) 商品デビュー応援キャンペーン」

こちらのキャンペーンも併用できますので、ついでに拾っておきましょう。

  • CFD口座開設期間:2022年4月1日以降
  • 取引期間:CFD口座開設の翌月末まで
  • 特典付与時期:取引期間の翌月下旬に商品CFD口座に入金

「商品CFD」(金、銀、原油など)を1回以上取引するのが条件です。

「CFD商品口座」に証拠金1,000円ほど入れて、「原油先物」(「原油ETF」ではないので注意)を購入→即売りでOKです。

取引可能時間は月~金の朝07:00〜翌朝05:50。ほぼ24時間できますね。

見込みコストは5円前後です。

下中央タブ📝>照会画面で約定履歴に載っているのを確認しましょう。

取引後はLINE証券内でCFD商品口座から証券口座に振替を行い、銀行出金の指示が可能です。

【最大13,000円】LINE証券を未開設の場合のオトクルート

そもそもLINE証券をまだ開設していないという方はポイントサイトや公式キャンペーンを利用できます。

最高値のサイト検索には「どこ得」が便利です。

現在「LINE証券」3,500円、「LINE FX」4,000円で案件がありますが、ポイントサイトでは併用不可と思われます。

ですので、

  1. ポイントサイトでは「LINE FX」のページを経由
  2. LINE FXの口座開設
  3. LINE証券の口座開設

の流れで口座開設がよいでしょう。

LINE証券、LINE FXの新規口座開設者には常設的な公式キャンペーンがあるので、しっかり拾っておきましょう。

LINE証券の公式キャンペーンでは

  • 全3問の簡単なクイズ正解で3,000円弱相当の株
  • 1万円以上の取引で現金1,000円

がプレゼントされます。

LINE FXのキャンペーンでは、1取引 新規10,000通貨取引で5,000円がもらえます。

攻略法としては

  • 証拠金60,000円を入金
  • 10,000ドルの新規買→すぐ決済売
  • 理論コストは20円

もしくは

  • 証拠金6,000円を入金
  • 1,000ドルの新規買→すぐ決済売、これを10セット
  • 理論コストは20円

これでクリアです。

なお、LINE FXではさらに「最大5万円キャッシュバック」キャンペーンもありますが、こちらは取引コスト負けするので取り組む必要はありません。

合計13,000円の内訳

  • ポイントサイト「LINE FX」経由で4,000円
  • LINE証券 3,000円相当の株
  • LINE証券 現金1,000円
  • LINE FX 5,000円

ポイントサイトはご自身が普段お使いのものをご利用ください。

もしポイントサイトって何?という方は下記記事をご一読いただければ幸いです。

ポイントサイト登録時に数百円~数千円程度オトクな紹介リンクも末尾に掲載しています。

【お得な紹介リンク集を掲載】知識ゼロからのポイントサイト完全攻略【ポイ活で簡単に毎月数万円】 長文なのできちんと読了するには10分ほどかかります😅💦(*- -)(*_ _)ペコリ 当記事の要約 自力の案件探し:横断検索サイ...
ABOUT ME
えまっち
現役銀行員。金融資産3,000万円、不動産投資・太陽光発電事業など様々な投資・副業を研究・実践中。毎月数十分の高単価ポイ活で3万円の副収入を目指す爆益プロジェクト"月3PJ"LINE公式アカウント配信しています!Twitterフォロワー数30,000人超。